コラム

Column

求職者の動向【11月、12月】

2017年10月23日

11月から年末にかけて、求職者の動向や企業の採用活動はどうなっているのでしょうか。
求人記事を出す時期に適しているのかなど、気になりますね。
今回は11月・12月の求職者動向をまとめました。



◇11月

・求職者

1月入社に向けて、離職者は積極的に活動する。
また、ボーナス支給期間を迎える前から、潜在転職者層が情報収集へと動き始める。
支給後の来年1月入社もしくは4月入社狙いも。

・企業

今年の業績から来年度4月に向けての採用計画を立て、動き始める企業もあります。
すぐに戦力になってほしい即戦力採用と、1月入社や4月から新人として研修を受けてもらう未経験歓迎の求人の両方が揃う時期でもあります。



◇12月

・求職者

年度末にかけて、4月からの就職、転職を目指す人が動き始める。
ボーナス支給後、潜在転職者層が活発に活動し始める。
しかし、12月末から1月中旬までは長期休暇などが重なるため、転職活動に時間をかけない傾向にある。

・企業

年末に繁忙期や業務が忙しくなる企業も多く、中々面接に時間がさけないなど、求人数は減る傾向にあります。
活動している求職者も減るが、競合の企業も減るのでこのタイミングは絶対に求人を出してはいけないという事はありません。


◇最後に

企業によって求人時期の考え方は様々です。
年末だからといって、応募が来ないということはないですし、転職活動している求職者数が多いからといって応募が沢山くるとは言えないです。

求人は必要なときは出している状況がベストですが、採用コストが決まっているのであれば、企業に合った時期に求職者の動向もふまえて、求人募集しましょう。

正社員の求人募集はmane求人
・掲載課金・成功報酬 無料
・無期限で使える
・費用は初期費用(10万円)と採用祝い金のみ

お問い合わせは株式会社ファミリーサポートまで
06-6585-9991

ブログ記事一覧へ

ページトップへ