ファミリーサポート 中島 耕平

Recruit
スタッフ

ファミリーサポート 中島 耕平
Nakajima Kohei
人材コーディネーター

プロ意識を高く持ち、
会社と共に人材業界の一流を目指したい

ファミリーサポートに入職を決めた理由は?

私は専門学校卒業後、ホテルのレストランにてサービススタッフとして勤務しておりました。お客様に一流の料理と、サービスを提供し、お食事の空間を演出する。やりがいのある仕事でした。
就職して4年が経った頃、新入社員に接遇研修を行うインストラクターとしての資格を取得しました。自分が研修担当したスタッフが現場で成長し、活躍していく姿を見て、自分のことのように嬉しく、誇らしく感じました。新入社員の配属先のスタッフからも感謝の言葉を頂きました。自分の仕事が人の役に立ち、人を変えることができる。その仕事によって感謝の言葉をいただける。接客業以上にやりがいを感じました。
そんな中人材コーディネーターという仕事を知りました。人の為に何かをしたい私にとってこの仕事はとても魅力的に感じましたし、ホテルで学んできたホスピタリティ精神や会話力を活かすことが出来る仕事です。その中でもファミリーサポートは保育や歯科といった専門分野に特化しており、業界をイメージしやすかったことでより興味を持ちました。
前職ではいくら頑張ってもお給料や待遇に反映されない環境でしたので、不満に感じることもありましたが、ファミリーサポートでは自分の頑張りがインセンティブとしてしっかり反映されることも嬉しいです。ベンチャー気質の会社ですので、自身の成長だけでなく、会社の成長も実感しながら働いていけることも魅力的で、入社を決めました。

今の仕事内容を教えてください

人材コーディネーターとして、求職者の転職のサポートとクライアントの採用活動のサポートをしております。
求職者のサポートとしましては、求職者の方にご希望の条件や働き方などを伺った後に求人情報を提案し、面接の調整を行います。また、必要となれば面接の対策や履歴書の添削等も対応し、面接に同行するケースもございます。求職者の気持ちを汲み取り、時には背中を押して、より良いマッチングになるよう心掛けております。
クライアントの採用活動のサポートとしましては、経験や入職時期、雇用形態など、募集の状況を詳しく伺い、それらの希望に沿った求職者との面接を設定します。

仕事のやりがいを教えてください

自分のサポートが誰かの役に立ったと実感できた瞬間に大きなやりがいを感じます。
自分が担当し、働き始めた求職者の方からメールが届きました。「働き初めて一週間が経ちました。覚えることが多く大変ですが、子供達との関わりも分かってきて毎日楽しく働いています。ありがとうございました。」
業界未経験で資格をお持ちでない方でしたので、マッチングまで時間が掛かりましたし、ご面接や職場での働き方など、何度もお話をした求職者でした。そんな求職者の方からのこのメールで、自分のサポートに自信が持てましたし、何よりこの仕事が好きになりました。
マッチングという大変な仕事ですが、その分やりがいも大きく、幸せな仕事だと感じております。

今後の目標は?

マッチングの精度を上げて、求職者からもクライアントからも頼っていただけるような、プロ意識の高い人材コーディネーターを目指します。
また、個人の売上を伸ばし、結果を出していくことはもちろんですが、チームの一員としてチームの目標を達成出来るよう努力してまいります。
周りを引っ張っていけるようなリーダーを目指し、会社と共に人材業界の「一流」になることが目標です。

Top